2ch 釣り愛好会

海釣り バス釣り 川釣り 釣りに関する情報を何でもお届け!

釣り用語集

2011.10/23  カテゴリ : 釣り初心者 釣り用語集  コメント : 0
釣り用語集1






 あ


青物(あおもの)
ブリ、ヒラマサ、カンパチなど大型の背の青い回遊魚の総称



アジゴ
小アジ。20センチくらいまでのアジの子供をいう。夏の堤防からのサビキ釣りでたくさん釣れる。から揚げや南蛮漬けにすると美味。イカ釣りや大物釣りの生きエサに使われることも多い。



朝まづめ
早朝の魚が良く釣れる時間帯のこと



1号竿、2号竿…
磯竿の堅さを表す基準。号数が上がるほど竿が堅くなる。非常に柔らかい0号竿もある。



1号の糸、2号の糸…(糸の号数表示)
糸の太さの単位。号数が上がるほど太くなっていく。号数が上がれば糸の強度は増すが、当然魚に不自然に感じられてしまう。同じ3号の糸でも使用される素材の種類・品質によって強度が違う。何号の糸を使うのかという命題は、釣り人にとっての大きなテーマである。



磯釣り
海岸の岩礁地帯で、主としてウキを使った釣りでメジナやクロダイをねらう釣り方。



一文字(いちもんじ)
沖にある漢字の一の形をした堤防のこと。必ずしも一文字状ではない。 「沖堤」とほぼ同じ意味。



磯靴、磯ブーツ(いそぐつ、いそぶーつ)
磯釣り用の長靴。濡れた岩場や海草類で滑り転倒することを防ぐ為、スパイク底やフェルト底になっている。



糸ふけ
糸がたるんでピンと張ってない状態。



ウェーダー
渓流釣り、鮎釣り、などで使われることの多い、靴と一体型の腰や胸まである防水性のズボン。胴長とも言う。ネオプレーンやナイロン製のものがある。



エギング
プラスティックや木でできた餌木(エギ)を使ってイカを釣る釣り方を、最近はこう呼ぶ。



エサ取り
エサに集まって来た釣り人が狙ってない小魚。



エリアフィッシング
管理釣り場での、主にトラウトを狙った繊細なルアー釣り、フライ釣りを指す。



沖堤(おきてい)
港の沖合いにある堤防。歩いて行けないので渡船を利用して渡る。好釣り場であることが多い。



オマツリ                                     
隣の人と仕掛けがからまってしまった状態。早めに謝ったほうがよい。         



オナガ(尾長)
オナガメジナ(オキメジナ)のこと。オナガグレ、オナガグロとも言う。通常のメジナと比較してやや尾びれが長く、やや大型に育つので磯釣り師に大変人気がある。



▲ このページの先頭へもどる



 か


カエシ
釣り針の先端部分にある小さな突起で、一度かかった針が魚の口から外れないようにするためのもの。
別名アゴとも言う。



管理釣場(かんりつりば)
天然の川池沼や人工の池などに魚を放し、料金を取って釣らせる所。ニジマス釣り、へらぶな釣りなどが人気。



カンツリ
管理釣り場のこと。「管理釣り場」参照。特に若いルアー釣りの方が使う言葉。



ガイド
リールを使う竿に複数付いている、糸を通すリング状のもの。素材のグレードの差により高い順に、SIC、セラミック、ステンレス



カゴ釣り
仕掛けに小型の網カゴを付け、そのカゴの中にマキエサを詰めて魚を寄せる効果を高める釣り方。



活性が高い…(かっせいがたかい)
魚が積極的にエサを取ろうとしている状態。魚の活性が高いと当然釣り人の活性も高くなる。



カン付き針
環付きバリ。釣り針の糸を結ぶ部分(チモト)が輪(環)になっているもの。ハリスを結びやすい。



川虫(かわむし)
渓流釣りに使う最高のエサ。川底の石の裏に張り付いているカゲロウ等の幼虫の総称。ピンチョロ、クロカワムシなどがいる。



ガン玉、カミツブシ
ワリビシとも言う。仕掛けに付ける鉛製のオモリのこと。本当に歯で噛んで付けてはいけない。プライヤーやペンチを使ってね。



魚影が濃い…(ぎょえいがこい)
魚がたくさん居るということ。釣り人はこの言葉に大変弱い。反意語は魚影が薄い。



グレ
メジナのこと。50~60cmくらいまで育つ。関西ではグレと呼ぶが、九州地域ではクロという。磯釣りで大変人気のある魚。



外道(げどう)
狙った魚と違う魚が釣れること。外道といってもタイやヒラメなど嬉しい魚の場合もある。



コマセ
マキエサのこと。「マキエサ」参照



▲ このページの先頭へもどる



 さ


サシエサ
針に付けるエサのこと。魚を集める為のマキエサと対比して使われる。



サイトフィッシング
目で魚の動きを確認しながら釣るつり方。狙う魚が非常に浅いところに居る場合や、水が非常に澄んでいる場合など特殊な状況でしか成立しない釣りである。



先調子(さきちょうし)
魚が掛かった時の竿の曲がり具合が、竿先に向かうにつれて急なカーブを描くのが先調子である。魚のアタリに対しての感度が良い。ファストテーパーとも言う。



サビキ釣り
マキエサを撒いて魚を集めた中に、エサのかわりに魚皮やスキンの小片を付けた針を沈め上下に動かして釣り上げる釣り方。簡単なのでファミリー・初心者向けである。小アジ・小サバ・小イワシなどがたくさん釣れる。 夏の堤防の風物詩である。



サラシ
磯などで波が岩にあたって砕け、白く泡立っている部分。スズキのルアー釣りの好ポイント



サルカン
道糸とハリスを結ぶ時に使う連結用の小型の金具。使用するにつれ発生する糸のヨリを戻す効果がある為ヨリモドシとも言う。釣りの種類にあわせて色んなタイプがある。



ジギング
ジグと呼ばれる主として鉛でできた シンプルなルアーを動かして釣る釣り。ジグに重量があるので、魚が深いところにいる場合(船釣りなど)や遠くに投げて釣る場合などで使われる事が多い。



シャロー
水深の浅い場所、浅い部分のこと。ルアーの釣り人がよく使います。



尺モノ(しゃくもの)
約30センチの魚。尺モノのキス、尺モノの鮎といえば釣り人の憧れである。



GT(じーてぃー)
ジャイアントトレバリー。南方系のギンガメアジ、カッポレ、カスミアジなどの総称。車とはまったく関係ない。サンゴ礁の海でのルアー釣りで人気が高い。成魚は1m~1.5mとサイズが大きく、引きが強烈である。日本では小笠原や鹿児島以南での釣りとなる。幼魚はメッキと呼ばれ本土でも釣ることができる。



スピニングリール
現在最も普及しているタイプのリール。遠投性能が高く、非常に扱いやすく、安価に入手できる。最初に買うならこのタイプがおすすめ。



スカリ
釣った魚を生かして入れておく網。淡水で使うものは少し形が違い、「ビク」と呼ばれる。



スレ
魚の口以外に針が掛かって釣れること。



魚がすれている
釣り人が殺到したなどの理由により、魚の警戒心が強くなり、魚は居るのだがエサやルアーには反応しなくなってしまった状態。



瀬渡し(せわたし)
歩いて行けない沖の離れ小島や岩礁、堤防に船で渡してもらうこと



底を取る(そこをとる)
海底付近を釣ること。



底物(そこもの)
磯の海底付近に生息する魚。イシダイ、イシガキダイ、クエ、アラなど。



ソルト
英語で「塩」のことだが、釣りで言うと一般的にソルトウォーター・ルアー・フィッシング(海のルアー釣り)を指す。



▲ このページの先頭へもどる



 た


タナ
狙った魚が居る深さのこと



タモ
魚をすくう網のこと。



チモト
釣り針の糸を結ぶ部分のこと



デカバン
大物のこと



手返し(てがえし)
効率よく手際よく釣ることを「手返し良く釣る」という。その逆の場合は「手返しが悪い」という。



テグス
釣り糸のこと



継ぎ竿(つぎざお)
移動の時は分割し、釣る時は一本づつ継いで使う竿。ルアー釣りではこのタイプが主流



トップ
ルアー釣りでこういう場合、水面のことをさす。くろだい釣りやへらぶな釣りなど繊細なウキを使う釣りでは、ウキの先端のことをこう呼ぶ。



胴突き釣り(どうづきづり)
仕掛けの一番下にオモリを付け、途中に複数の針を付けて釣る釣り方。主に船釣りで使う釣り方。



胴調子(どうちょうし)
魚が掛かった時の竿の曲がり具合が、全体的に緩やかなカーブを描くのが胴調子。竿全体で負荷を分散できるので大物の強力な引きに対応しやすい反面、魚のアタリに対する感度が鈍くなりやすい。スローテーパーとも言う。



トラウト
英語で「マス」のこと。日本の釣りでは、ヤマメ、アマゴ、イワナ、ニジマス、サクラマスなどのマス類、またはその釣りのことを言う。



釣堀(つりぼり)
天然の池沼や人工の池などに魚を放し、料金を取って釣らせる所。



ドラグ
大物が掛かった時、強い衝撃で糸が切れるのを防ぐ為に調整して使うリールの機能



▲ このページの先頭へもどる



 な


ナギ
風が無く海面が静かな状態のこと。釣りやすい。まったく波がない場合を特にベタナギと言う。



投げ釣り
比較的重たいオモリを使い、海岸から遠くへ仕掛けを投げて釣る釣り方。シロギスやカレイなどの釣り方。サーフとも呼ぶ。



入漁料(にゅうぎょりょう)
釣りで有名な川や湖には、内水面漁協という組合が存在する場合があり、こういった組合は川や湖にヤマメやアユ、ニジマスなどの魚を放流している。こういった川で釣りをする場合、その川を管理している内水面漁協に対して入漁料を支払わなければならない。通常は一日券と年券が有り選択して購入するシステムになっている。入漁料を払わない場合は密漁となってしまう場合があるので、川で釣りをする場合は事前に調べる必要がある。



乗っこみ(のっこみ)
魚が産卵の為に岸よりの浅場に寄ってくる状態を言う。



~ノット
糸の結び方の種類。例:オルブライトノット、フリーノットetc… 



ネリエ
練り餌。粉末状のエサに水を加え練りあげたもの。ダンゴとも言う。へらぶなやコイ、クロダイ釣りなどで使う。



根(ね)
海底の岩礁



根がかり(ねがかり)
海底の岩などの障害物に、針や糸などの仕掛けが引っ掛かってしまうこと。



根魚(ねざかな)
岩礁地帯の海底に生息する魚のこと。カサゴ、アイナメなど。



根ズレ(ねずれ)
海底の岩などで糸がこすれてしまうこと。当然、強くこすれたり糸が細かったりする場合は糸が切れてしまう。



▲ このページの先頭へもどる



 は


ハリス
釣り針を直接結ぶ糸。通常サルカン等で道糸に連結して使う。ナイロン製が主流だが。最近はフロロカーボン製の人気も高い。



バサー
バス釣りの釣り人のこと



バッカン
主に磯釣りで使う、軽量の長方形の入れ物。マキエサ入れに使うことが多いが色んな用途に使える。



場荒れ(ばあれ)
一度に釣り人が殺到するなど、何らかの理由で釣れてた場所が釣れなくなってしまうこと。



バラシ
一度魚が針に掛かったものの、釣り上げる途中で逃げられてしまった状態



PEライン(ぴーいーらいん)
ポリエチレン製のより糸。最近使用者が増えた釣り用糸。ナイロンと比べて引っ張り強度が格段に強く、伸びがほとんど無いので魚のアタリをはっきり知ることができる。その反面価格が高く、からみやすい、コスレに弱いなどの使いづらい点がある。新素材ラインと呼ばれることも…



ヒロ
釣り人が使う長さの単位。両手を広げた時の長さでだいたい1.5m前後。主に魚を釣る深さを説明する時に使う。例: 「この堤防でクロダイを釣るならだいたい2ヒロ半くらいのところを狙ってください。」など



フロロライン
表面が傷つきにくく、コスレに強い糸。引っ張り強度はナイロンよりやや弱い。



フカセ
本来はマキエサと一緒に付けエサが流れるよう、ウキやオモリなど余分なものを付けず釣るシンプルな仕掛けを言ったが、現在はウキを使うが比較的シンプルな仕掛けのウキフカセなどバリエーションも増えた。



フッキング
魚が針にかかること



振り出し竿(ふりだしざお)
移動する時は短くし、釣る時は伸ばして使う伸縮可能な竿。持ち運びが良いので人気が有る。最も多いタイプの竿。



ベイトキャスティングリール
主にルアー釣りに使う両軸受けリール。日本ではバス釣りに使われることが多い。投げ方にはコツが必要で初心者向けではない。



ベイト
釣りでは、魚が食べているエサのことを言う。特にルアーの釣り人が使う言葉。



へら師
へらぶな釣りの釣り人のこと



偏光グラス(へんこうぐらす)
水面の光の乱反射を抑えて、水面のウキ、水中の障害物、魚などを見やすくする釣り人用のサングラスの一種。視力保護、目への飛来物からの保護など安全面にも効果があるとされている



ボウズ
一匹も釣れなかったこと



ボケ
ニホンスナモグリのこと(ヤドカリの仲間)、姿はエビに似ている。砂地に穴を掘って住む。主にクロダイ釣りのエサとして使われる



ポンド(テスト)
釣り糸の強さの単位。1ポンドテストの糸はは約0.5キログラムの重さまで耐えられる。2ポンドテストのラインだと約1キログラムが限界となる。糸の号数表示が糸の太さを表すものであるのに対し、ポンドテストは糸の強さを表すものである。主にルアー釣り用の糸はポンドテスト表示で、その他の釣りでは号数表示が使われることが多い。同じ8ポンドテストの糸でも、使用素材・品質によっては太さが違ってくる。ナイロンラインの場合、大体4ポンドラインは1号の太さ、16ポンドラインは4号くらいである。



▲ このページの先頭へもどる



 ま


マキエサ
釣りたい魚を自分の釣り場に寄せるために撒くエサのこと。コマセともいう。



道糸(みちいと)
サオに直接結んだり、リールに巻いたりするメインとなる糸のこと。ナイロン製が主流だが最近はPEラインも増えてきた。



ミャク釣り
ウキを使わずに、直接竿先と手に伝わってくる魚のアタリをとる釣り方。竿の長さの範囲しか釣ることができないが、魚のアタリを直接感じることができるのでその分楽しい。



メバリング
メバルをルアーで釣ることを最近こう言うようになった。ここ数年で大流行した。



メッキ
ギンガメアジ、カッポレなどの南方系ヒラアジ類の幼魚の総称。冬季に港内や発電所の排水口周辺などで釣れる。ルアーによく反応するので人気が高い。



▲ このページの先頭へもどる



 や


ヤエン
アオリイカを釣る時に使う、ステンレスワイヤー等で作った小道具。生きエサの小アジに抱きついたイカをこのヤエンを使って引っ掛けて取る。



▲ このページの先頭へもどる



 ら


ランカー
記録的なサイズの大物



ラン&ガン
荷物を最小限にまとめ、こまめに移動しながら釣れそうなポイントを探っていく釣り方



両軸受けリール(りょうじくうけりーる)
主に船釣りで使うリール。遠投性能は低いが大物釣りに向いたリール。バッテリーをつないで巻き取りを自動で行う電動リールもある。



ルアー
魚が食べるエサに似せた擬似エサ。プラスティック製、木製、金属製のものなど非常に多くの種類がある。日本でのルアー釣りはここ10年ほどで非常に流行した。淡水のブラックバス、マス類、海のスズキ、マゴチ、メバル、カンパチなどが有名



▲ このページの先頭へもどる



 わ


ワーム
英語で「虫」のこと。ルアー釣りではエサに似せたソフトプラスティック製の擬似エサのことを指す。



▲ このページの先頭へもどる



スポンサードリンク

オススメ記事

「釣り用語集」カテゴリの最新記事

最近記事

コメント
コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。